一般社団法人 日本電子機器補修協会(JEMTC)

一般社団法人 日本電子機器補修協会

JAPAN ELECTRONIC MACHINE REPAIR TECHNOLOGY CORPORATION

みらいへ活かす
一般社団法人 日本電子機器補修協会(JEMTC)

パソコン譲渡会について


譲渡パソコンが生まれるまで

ここでは様々な工程を経て、皆様に譲渡するパソコンが出来上がるまでの工程をご紹介します。

再生工場への機器搬入

progress

リース終了後の電子機器は、国際基準に適合した厳格なデータ初期化を終えたのち、埼玉県新座市のこちらの機器再生工場に搬入されます。

搬入後の再生ライン投入

progress

工場に搬入された機器は、デスクトップ・ノート型等のそれぞれのカテゴリーに分類して、一台ごとに再生ラインに乗せられます。画像に収められた台数は全国の譲渡会で1か月間に譲渡される約5,000台の機器で、もう一度命が吹き込まれるのを待っています。

機器のクリーニング

progress

再生ラインに入る機器は、比較的に使用頻度が少ないのですが、できる限り良い状態で機器を必要とされる方にお渡ししたいので、多くのクリーニング工程を組んで、主に機器の外側を美しく整えます。

各種ソフトの入れ込み作業

progress

譲渡したパソコンがご家庭でもすぐにお使い頂けるよう、ウインドウズOS、オフィスソフト、筆まめソフト、パソコンレッスンソフトなどをインストールする工程に移ります。この工程では、機器の様々な動作チェックを同時に行います。

キーボード等の起動チェック

progress

専用のソフトを使用し、キーボードのすべての動作チェックを行います。同時にUSB・SD・LAN端子等の外部接続部も念入りにチェックを繰り返します。

出荷前の総合検査

progress

再生した機器が、譲渡した後も皆様に長くお使い頂けるよう、一台ごとに多くの起動検査を繰り返します。この検査に合格すると、いよいよ出荷準備に入ります。

全国の会場へ向けて出荷

progress

再生パソコンの譲渡会は、毎週全国80か所の会場で行われます。そのための出荷準備は多忙を極めます。命を吹き込まれたパソコンが、輸送にも耐えられるよう一台一台精密な梱包作業を施し、輸送業者に託されます。

譲渡会会場の準備

progress

工場から出荷された機器は、譲渡会の会場スタッフに引き継がれます。輸送業者から受け取ると、会場に搬入されそれぞれの性能ごとに分類され、保証書にその内容を記入し展示の準備に入ります。

会場内での最終起動チェック

progress

会場の譲渡会スタッフは、開始10分前まで念入りに、展示された機器の最終機動確認を繰り返します。万一でも持ち帰られた機器が、初期不良のないように作業を怠りません。

機器譲渡後のアフターサポート

progress

譲渡会ではパソコン初心者の方も多く来場されるため、機器譲渡後の操作に関するサポートダイヤルを設置しており常に10名体制(計9回線)で、お電話による無料サポート(*)を実施しています。パソコン操作に関する「わからないこと」をわかるまで丁寧にお伝えしております。

*操作に関するサポートダイヤルの通話料は機器所有者のご負担となります。

JMbook お預かりした機器の補修状況 jemtcのパソコン譲渡会 プライバシーマーク

トップへ戻る


Copyright(c)JEMTC inc 2017 All Rights Reserved.